ホーム » 愛嬌があれば得をする

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

愛嬌があれば得をする

女性という言葉から連想されるキーワードの一つに「愛嬌」という表現があります。女性は男性より気遣いが出来る人の割合が多かったり、母親になれば育児を担うため、そういった言葉が出て来るのかもしれません。

そこで、愛嬌のある女性と心から思われるポイントをご紹介します。それは【相手をよく観察すること】です。この作業がスタート地点であり、ゴールの位置を照らす道しるべになるからです。

例えば、相手が何かの資格試験に合格したとしましょう。その際に「お祝いに食事に行こう」とでも言えば一般的な「優しい」という評価になると思われます。しかし、そこに「普段から勉強を頑張っていたよね、私も興味がある内容だから教えて」という話しをすれば相手の自尊心が満たされますし、普段の自分を見ていてくれているのだと相手は実感できます。この何気ないセリフは相手の事を知っている、つまり、普段から観察しているから言えるわけでその前提があるから相手の心を響かせる事ができます。心に響けば、相手の気持ちに寄り添えた事になり、信頼関係も強くなります。お祝いの食事というその場限りではない深い印象として相手に受け取られ、その「深さ×回数」がこの人は親しみのある素敵な女性なのだという解釈へ昇華されていくのです。

仮に難しい話題であっても、その話題を100%理解する必要はありません。普段から相手を観察していれば自ずと相手の気持ちに寄り添うこと、つまりゴール地点が見えてきます。ゴールの位置さえ分かれば、後は相手の特徴や自分に出来ることと照らし合わせてゴールへの道のり、つまり、具体的な言葉や行動を決めていけば良いのです。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ